京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2019年02月23日

大杉の伐採

2月22日、23日の2日間をかけて、御神苑(非公開)の大杉を伐採いたしました。





昨年の台風21号のような大変強い台風が来れば、お参りの方々の安全を脅かし、また、雅楽殿に甚大な被害をもたらすおそれがある大杉でした。




手前の赤い瓦の屋根が雅楽殿です。

先ず大杉の枝をすべて伐採した後、上の方から順に少しずつチェーンソーで切ってゆきます。







重機も入って撤去作業が行われました。


丸二日間かかった大変な作業でした。
無事に行われてよかったです。





  


Posted by 九頭竜大社  at 15:32Comments(0)

2019年02月21日

思わぬところから


少し前のこと。数ヶ月に一度お参りなさる女性の方からお伺いしたお話です。





「九頭竜大社は不思議なお社ですね。私は関東の方に住んでいるのですが…。最初は九頭竜大社のことを知らなかったのです。で、ある時、京都市の地図を眺めていたのですね。すると、市内の中心部でもないこの九頭竜大社のところがチカチカと光っているかのように見えたのです。」

「そうですか。光っているかのように見えた…。不思議なことですね…。」

「そうなんです。とても不思議なことでして。それで九頭竜大社のことに関心を持つようになってお参りするようになったのです。」


なるほど…。不思議なお話です。


「お参りするとやはり心がすっとするのですね。ここはそういうお社。お参りさせていただけるようになって本当によかったです。」

「それはよかったです。九頭竜弁財天大神様は奇縁でもって人を引く神様ですから。きっとその奇蹟のお力でお導きくださったのだと思います。」


それからしばらくお話しさせていただきました。


「私は会社を経営しておりましてね。海外との取引をすることもあるのですけれども…。時に日本の常識が通じなかったりだとか…。とても厳しい仕事なんですね。」

「なるほど…。そうなのですね。」

「ええ。でも、九頭竜弁財天大神様にお助けいただいているのです。例えば人と、仕事とは直接は関係しないお話をしているとするでしょう。すると、そんな中から、まったく思わぬところから助けていただける、すっと道が開けたりするのです。ああ、神様にお助けいただいているのだなあ…と、そんな風に感じるのですよ。」


このような感覚は分かります。人と何気ないお話をしている時に、はっとした気付きがある、その人の口を通して神様が自分に何かを気付かせようとなさっているのかしら…と、そんな風に感じることは私もございます。

そのように神様からのお知らせを受け取れる時というのは、心が穏やかで落ち着いた状態の時なのです。怒りやイライラとか、心が負の状態でいっぱいでは、なかなかこういうことはないと思います。心がそんな状態では神様からのお知らせが受け取れないのだと思います。


今回もよいお話をお聞かせいただきました。

またのお参りをお待ち申し上げております。


九頭竜大社の書籍

























  


Posted by 九頭竜大社  at 12:20Comments(0)

2019年02月16日

二月のお祓い


運勢の変わり目である二月は、一年で最も「お祓い」のお申込みが多いです。




節分や立春の頃も多かったですし、先日の3連休は朝から夕方までほぼ一日中、本殿でお祓いをいたしておりました。

厳しい冷え込みが応えます。
でも、もうすぐ寒さが和らぐようですね。予報では来週からとても暖かくなるのだとか…。


「なかなか進展せずに滞っていたことが、暖かい日差しが射し込んできたかのように前に進み出しました。九頭竜弁財天大神様に守っていただきました。本当に有難いです。」

一日中続くお祓いの合間には、このようにとても嬉しいお話もお聞かせいただきました。


まだまだお祓いは多そうです。


二月は大きく運勢が動き出す、一年の始まりともいえる時だと思います。
皆さま方が幸いに進まれますように。


九頭竜大社のお祓い






  


Posted by 九頭竜大社  at 12:36Comments(0)

2019年02月04日

節分祭


平成31年2月3日(日)、節分祭・福豆まき式が執り行われました。







写真はプロカメラマン・山中 茂さんの撮影です。


本年も元プロ野球投手・若生 智男さんに福豆まきのご奉仕をしていただきました。
サインもお書きくださいました。



「サインだなんて今更…。」と謙遜なさっておられましたがとんでもないです。

若生 智男さんとは昭和30年代からの長い御縁。平成最後の節分祭。
いただいたサイン色紙はご神前にご奉納いたしました。


心配したお天気のほうは、福豆まき式が執り納められた後から雨に。本当に幸運でした。
やはり九頭竜弁財天大神様です。お守りくださいます。


平成31年の節分祭も多くの方々にご参列いただき、無事盛大に執り納められました。







  


Posted by 九頭竜大社  at 17:07Comments(4)