京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2018年11月09日

三重で祭典


某会社さまの三重工場へ出張。
工場運長久の祭典を執り行い、工場や事務所をお祓い申し上げました。


こちらの会社さまは3年前にも三重工場の出張祭典をお申し付けくださいました。

車を走らせながら3年ぶりに見るのどかな風景に「なつかしいなぁ」と。
「そうかぁ。あれから3年かぁ。」と。

そんなことを思いながら工場に到着。
新たに立派な倉庫が完成していました。


何よりも嬉しく思ったのが、新しい多くの職員さん達がおられたこと!



ああよかったなぁ、発展しておられるのだなあ、と。
このように思えるのは…このように御縁がいただけるのは…本当に嬉しいのです。


これからも九頭竜弁財天大神様の守り導きがございますように。


九頭竜大社の出張祭典









  


Posted by 九頭竜大社  at 14:53Comments(0)

2018年11月08日

七五三詣り

11月になりました。
七五三の時期ですね…。




ここ近年、毎年恒例になって参りました。
地元保育園の園児さまの七五三詣りです。




みんな、元気に、大きく育ってゆかれますように( ;∀;)


七五三詣り・お祓い
  


Posted by 九頭竜大社  at 17:14Comments(2)

2018年11月01日

竜が飛んでいる


開祖三十年祭が無事に行われホッとひと息。
今日から十一月。とてもいい天気になりました。


空を見上げたら、本殿の上空を雲がすーーっと。



気持ちよさそうに竜が泳いでいるみたいだなあ…と。


よくよく見てみると…。



私には、目や口や角、鱗までもあるように思えるのですが…。
ああ、本当に竜が泳いでいるなあ…と。


開祖三十年祭もうまくいって、九頭竜弁財天大神様もお喜びくださっているのだなあ…と。


こんな気持ちで過ごした朝だったのですが、この日は本当に大忙しになりました!


「おついたち」ですからお参りが多いのはおかしくないのですが、それにしても…。
本当に多くの方々、いろいろな方々にお参りいただきました。何か不思議な感じがする一日でした。


大神様のお使いの竜が、雲でお姿を現してくださったのかしらと、きっと多くの人達を九頭竜大社に引いてくださったのだと、そんな風に思えた一日でした。


開祖三十年祭 盛大に斎行
  


Posted by 九頭竜大社  at 16:32Comments(2)

2018年10月22日

国会議員のお参り

元外務大臣で衆議院議員の前原誠司さまがお参りになりました。



9回まわるお千度をされ、心願成就を願われました。






今後ともご活躍なさいますように。
  


Posted by 九頭竜大社  at 13:16Comments(2)

2018年10月21日

パッと明るく




よくお参りされる女性の方からこんなお話をお聞きしました。


ある日のこと。境内で40代くらいの男性の方とたまたま一緒になられたそうです。

見るといささか暗い表情。。
「どうなさったのですか?奥様のこととか?」
「いやいやいや(苦笑)。そうではないのですが。。なかなか仕事がたいへんでしてね…。今の仕事に一つのキリをつけて、そうして今日お参りに来たんですよ。」

さらによくよくお話を聞いてゆかれると、お婆さまがよくお参りをなさっていたのだとか。

「昔はよく祖母に連れられてお参りに来たのですが…。今日は10年ぶりくらいですね。何かもう色々と大変で…。祖母がよくお参りしていたなあ、昔よく連れられてお参りしたなあ、そんなことを思い出してお参りに来たのですよ。」

いろいろ大変なことがあってお参りをなさったようです。

「貴女はよくお参りをなさるそうですが、神様に願いを叶えていただいたことはあるのですか?」
「ええ、もちろん!それも何度も!!」

すると男性の方のお顔がパッと明るくなられたそうです。

「きっとまたお参りに来ますよ!」

お婆さまからの御縁、素敵なことですね( ;∀;)
九頭竜弁財天大神様は奇縁でもって人を引く神様です。

きっとまたお参りを…。
お待ち申し上げております。




  


Posted by 九頭竜大社  at 15:55Comments(2)

2018年10月08日

鳥肌が立ちました





ある朝のことです。
ある男性の方が、ジョギングの姿で汗をかきかき社務所に入ってこられました。

「走ってお越しになったのですね!」
「ええ、そうですよ。比較的近くに住んでますからね。市内から走ってきました。」

「え~~~!!それはたいへんでしょう!」
「やっぱり坂もありますしね。でも、無理がないようにゆっくり走りましたよ!」

よくお参りをされる方で、社員の皆さま方と生業繁昌のお祓いをお受けになられたこともあります。

「ちょっと一休みしてからお参りさせていただきます。」
「ええ、ぜひそうなさってください。」


ひと息つかれてからお千度をなさいました。
お千度を終えて社務所に戻られてから、先日のお祓いのお話になりました。


「先日はお祓いありがとうございました。実はあの後からすごいんですよ!」
「えっ。どうなさいましたか?」

「実はお祓いを受けてからどんどん仕事が入るようになったんですよ。本当に大きな仕事も来ました。社員も皆驚いているんです!」
「わ~~~!よかったですね~~!それはよかったですね!」

「九頭竜弁財天大神様はやはりものすごい神様ですね…。もう本当に鳥肌が立ちました!」
「そうでしょう。そうなんですよ。本当におはたらきになっておられる神様ですから。大変なお力の神様なのですよ。」


実際、このようなお話は本当によくお聞きするのです。


「次はお礼参りと神様へのご報告に来ますよ!!」

ええ、きっとよいご報告になることでしょう。
お待ち申し上げております。


九頭竜大社のお祓い










  


Posted by 九頭竜大社  at 15:54Comments(2)

2018年10月05日

祈りました


9月の末に台風24号が近づいてきた時は祈りました。

その前の21号の時は大変で。。
物凄い強風で…。主だった社殿等に被害がなかったのは幸いだったのですが、八瀬は台風の日の昼過ぎから翌朝にかけて停電で真っ暗に。。
境内では倒木が目立ち、数日間は京都バスが不通に。。

台風21号の対応もあってか9月は本当にくたびれました。
そんなことがあったばかりなのに、またそれと同じくらいの強さの台風24号がまたやってくる…。。


「いや、本当にそれは勘弁してください。」と心底思いました。
まだまだ倒木の片付けも途中なのに、あれがもう1回来るなんて冗談じゃない('Д')本当に来ないでほしい!


24号が近づいてくる晩は一心に祈りました。


『九頭竜弁財天大神様、九頭竜弁財天大神様、九頭竜弁財天大神様。
この台風による影響が最小限でありますように。被害がありませんように。
何事もなく行き過ぎますように。どうぞお守りください。お守りください。』


私は神主ですから毎日、信者の皆さま方の御祈祷をさせていただいております。
毎日、毎日、神様にお祈りしているのですが、今回のように『この台風から守ってください。』と一心にお祈りする、そんなことは初めてだったかもしれません。それほどまでに、神様、今回はお助けください、そんな風に思いました。


あの台風の晩は、日付が変わって眠りにつくまでお祈りしていました。


祈りが届いたのか、九頭竜大社に大きな影響を与えることなく台風は行き過ぎてくれました。
やはり九頭竜弁財天大神様です。大変なお力をお持ちです。


今更ながらですが…
たいへんな時は九頭竜弁財天大神様のみ名を唱え、『お助けください。お守りください。』とお祈りをすると通じるのだなあ…と。
九頭竜弁財天大神様は人の願いを聞き届け、お助けくださる、そのようなおはたらきをなさっている神様なのですから。


そんな風に強く感じた出来事でした。









  


Posted by 九頭竜大社  at 15:05Comments(0)

2018年09月27日

祈願祭典


今日は儀式殿で祈願祭典がございました。



関東からお越しの会社の皆さま、40名様でのお参りでした。
生業繁昌・社運隆昌をご祈願申し上げました。



九頭竜弁財天大神様は奇縁でもって人を引く神様です。
皆さま方、不思議なご縁に導かれてお参りいただいたものと存じます。

大神様の守り導きがございますように。

  


Posted by 九頭竜大社  at 14:08Comments(4)

2018年09月10日

ヴァイオリン 奉納演奏


「宇宙の音を紡ぐヴァイオリン弾き」 原田 薫さんによる奉納演奏がございました。





舞いの奉納もございました。





ヴァイオリンによる宇宙の音…。本当に、素晴らしいご奉納でした。
九頭竜弁財天大神様はお喜びのことと存じます。





奉納演奏の動画



原田 薫さん、皆さん、ありがとうございました。


原田 薫さんについて詳細はこちらもご参照ください。
http://www.kaoru-japan.net/

  


Posted by 九頭竜大社  at 15:03Comments(0)

2018年08月29日

マイ神社


先日、こんなお話をお聞きしました。
毎月ではありませんが、よくお参りをなさる女性の方です。





「九頭竜大社にお参りすると心がすっとするのです。」
「そうですか。きっと御縁がおありなのですね。」

「九頭竜大社には十年ほど前からお参りするようになりました。その時はとてもたいへんな時で…。息子のことで悩んでとても苦しい時だったのです。でも、大神様にお守りいただいて…。お蔭さまで息子も私も、よい方向に向かっています。」
「よかったですね。そのようなお話をお聞かせいただいてとても嬉しいです。」

「何よりも…。何よりも私は息子のことを「この子は私を母親として選んで生まれてきてくれたのだ」と、心の底から腑に落ちて思えるようになったのです。」


涙腺がゆるむお話でした。


「私は神様がお鎮まりになっておられる場所が好きです。他にもいろいろな神社にお参りすることもあるのです。でもね…。でも、九頭竜大社は特別なのです。やっぱり他のお社とは違う…。いつでも心の中にある、特別なお社なのです。」


「だから…。」
帰り際にはこのようにお話しになりました。

「だから、九頭竜大社は私の「マイ神社」なんです!」  


Posted by 九頭竜大社  at 13:00Comments(2)