京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2017年10月08日

もう一歩さきへ

皆さま おはようございます。

10月の月始めも多くの方々にお参りいただきました。
今日も日曜日。さわやかないい天気です。きっと多くの方々がお参りになることと思います。

九頭竜大社は、九頭竜弁財天大神様のお力がはたらいているお社です。
実際に願いが叶ったり、たいへんなときに助けていただいたり、お参りの帰りにいい考えが浮かんだり、不思議な出会いがあったり、そんなお社です。神様の慈悲のお力を実感なさった方は、何回もお参りになるようになります。何年も何十年もお参りになっておられる方も多いのです。

「神様は実在されているのだ」
「九頭竜大社にお参りすると願いが叶ったり、いいことが起こったりする」
このように実感されて長年にわたり神様にお参りされる、素直にお願いをされる、本当に尊いことです。



ただ、九頭竜大社の信仰にはもう一歩さきがあります。「教え」の実践です。

九頭竜大社の教えは、「自然に帰れ」「心の器づくり」といった言葉で表現されます。

「自然に帰れ」
人にとって自然な姿とは、素直で感謝の心を忘れず、明るく穏やかな気持ちで過ごせること。このような自然な姿に帰ってゆきましょう。

「心の器づくり」
自らを省みましょう。自然に適った心の持ち方が出来ているか、日々反省をして、少しずつ「心の器」を大きくしてゆきましょう。

九頭竜弁財天大神様は大宇宙(自然)の法則に基づいた慈悲の神です。このような教えの実践は神の御心にも適い、人生がよりよい方向に向かってゆくのです。



願いが叶ったりわるいことが起こらなかったりすればそれでいいのだとお思いの方もおられるかもしれません。
もちろんそのようにお導きいただけることは本当に素晴らしいことなのですが、神様がおられることを実感されたあとは、ぜひ教えを実践してみていただきたいのです。開祖が説き示し今に伝わる確かな神理だからです。



九頭竜弁財天大神様を信仰なさる方は、「願いが叶った、叶わなかった」「うまくいった、いかなかった」も大切ですが、もう一歩さきへ進んでみていただければと思います。ゆっくりでも教えを実践なさってみてください。


九頭竜弁財天大神様への信仰でもっとも大切なのは心構えです。
どうぞもう一歩さきへ。


今回もお読みくださりありがとうございました。

『九頭竜大社の教え~自然に帰って生きる~』




















Posted by 九頭竜大社  at 09:47 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。