京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2016年04月27日

病は気から

無事、春季大祭が執り行われ一段落。
その翌日、私は病院へ行きました。


と申しますのは、しばらくの間、咳やくしゃみをすると右胸がズキッと痛む状態が続いていたからなのです。
春季大祭の準備などもあるので、なかなか病院に行けなかったわけです。


仰向けになって起き上がろうとしても右胸が痛い・・・ これはなんだろう・・・
ひょっとして肋骨にヒビがはいっているのかも・・・・ やれやれ・・・

そんな感じだったのです。


そして、お医者さまの診断。

「レントゲンを撮らせてもらいましたけど。
きれいな肺したはりますねえ。肋骨にもヒビは入ってないですねえ。
まあ、何かのはずみで肋間筋を痛めはったんでしょう。
薬も要らないですね。様子を見はってください。」



というわけでホッと一安心。





神社に戻って、粉薬のようなお守り 「護符さん」(写真左)http://www.kuzuryutaisha.or.jp/charm/index.htmlと「御霊水」(写真右)をいただいて、社務所で静かに過ごしておりましたら、いつの間にか痛みが引いているのですね・・ 咳やくしゃみもほとんど出ない・・


春季大祭までのあの右胸の痛みは一体何だったのか・・・



「病は気から」
その通りですね。



お参りをお待ち申し上げております。






















Posted by 九頭竜大社  at 15:49 │Comments(2)

この記事へのコメント
何もなくって良かったです。

きっと大祭のご準備で疲れたのかもしれませんね、

ご無理されません様に・・・・
Posted by みかん at 2016年04月28日 08:26
みかんさま


おやさしいコメントを有難うございます

春季大祭の準備 職員達がよくやってくれましたので、私がそんなに疲れることもなかったようにも思うのですが・・・

でも、どこかで何か無理があったのかもしれません

みかんさまも時節柄どうぞご自愛ください


九頭竜大社
Posted by 九頭竜大社九頭竜大社 at 2016年04月28日 12:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。