京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2016年04月25日

春季大祭

4月24日 春季大祭が滞ることなく執り行われました。
九頭竜大社は毎月24日が祭典日。4月が春季大祭、11月が秋季大祭となります。




正午からの本殿祭に引き続き、境内中央にて大御火焚式(おおおひたきしき)。
ご参拝の方々が、願いを記された御神木(ごまぎ)を浄火に投げ入れ、災厄消除・念願成就の祈願がなされました。


祭典の後は午後1時半より、儀式殿にて信者奉納芸能大会が開催。




筝曲 「墨絵の芦」  
琴  今林 義裕さん 笠井 義譲さん
三絃 足立 裕今さん 丹羽 裕崇さん 洞山 裕光さん 秋田 今杏さん  
        




日舞 「藤音頭」  
藤間 勘麗葵さん




オリエンタルダンス 「ベリーダンス」  
レイラ ヒロミさん
http://leilaa-celestial.jimdo.com/




ご出演の皆さま方 有難うございました。


お天気にも恵まれ、終日多くの方々にお参りいただきました。



Posted by 九頭竜大社  at 09:17 │Comments(2)

この記事へのコメント
当日の春季大祭にお詣りできました。
ごま木の大火焚きに家族えの思いを
祈願しました。
おろうそくも、まじまじと見ていると
お竜さまの鱗のような姿が見えてる感じが
しました。

お友達も、拝殿でご祈祷中にご光が見えたと
驚いていました。

いつも、九頭竜弁財天さまに、感謝の気持ちが 
溢れております。

ありがとうございました。
Posted by アメジストアメジスト at 2016年04月25日 11:06
アメジストさま


コメントを有難うございます

「お姿の出たローソク」

そうでしょう 竜の鱗のようにお姿が出ているでしょう 
ご存知の通り、このお姿が出ると瑞兆なのです



お友達の方が本殿の方に後光が見えたと驚いておられたとのこと

今、まさに、九頭竜弁財天大神様の慈悲のお力が生き生きと発揚されているのですね
九頭竜大社では、お参りの方々が何らかのかたちで、大神様の大きなお力をお感じになることが本当に多いのです


九頭竜弁財天大神様へのあふれるような感謝のお気持ち
いついつまでのこのようなお気持ちで、末長くお参りください



九頭竜大社
Posted by 九頭竜大社九頭竜大社 at 2016年04月25日 13:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。