京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2015年06月15日

神様からの合図

皆様、このような体験はありませんか?

悩んでいる時に電車に乗った、すると見知らぬ人が横に座って話がはずんだ、その初対面の人が話したことが妙に印象に残って悩みから抜け出すヒントになった、その人とはそれっきりでもう会うことはなかった・・・






私はごく最近もこんなことがありました。


お昼から、少し大事な仕事の話し合いの予定がある日の朝のこと。
何気なくテレビの情報番組を見ていました。その番組のなかで、「今日の星座占い」のコーナーがあり、ある星座がもっとも悪い運勢とのことでした。
私は普段はほとんどこういうことは気にならないのです。今日は自分の星座が一番悪いといわれても「ああ、そうなのか」という程度であまり気にしません。しかし、不思議にもその日に限って、その悪い運勢の星座のことが気に掛かったのです。そこでよく調べてみると、その日仕事で会う予定の相手の方の星座だったのです。

まあ、「そんなのはたまたまだ」と捉えることもできそうですが、それだけではありませんでした。
相手の方と面談をする場所の準備に行くと、何と入口のところに大きなムカデが這っています。ムカデは、見ると縁起が悪い生き物ではないのかもしれませんが、その時私はぞっとしました。(実際問題、噛まれでもしたら大変なわけですので・・)

このようなことが続き、私は、「この仕事はすこしやめておいたほうがよいのかもしれないな・・」と思いました。

もちろん、話し合いの場では、時間をかけて相手の方のお話をよくお聞きしましたし、こちらの考えもお伝えしました。しかし、案の定というか、考えが合わず、そのお話はお断りすることになりました。
神様に助けていただいたような、そんな思いのする出来事でした。

(相手の方の人間性がよくなかったということではありません。今回の仕事・案件はすすめるべきではないという風に感じたということでございます。どうか誤解なさらないように願います。)



こういう予感めいたものは結構当たります。皆様方はいかがでしょうか?
私はこのようなことは「神様からの合図」なのではないかと思っております。


実際、「神様からお知らせをいただいた」「神様に背中を押していただいた」「護っていただいた」「神様からお参りに来なさいよといわれたような気がした」九頭竜大社ではこのようなお話を本当によくお聞きします。

「神様からの合図」は、その人その人に分かるように送られるようです。ですから、例としてお出しした私の体験のような感じではなく、一見些細な出来事で、その人にしか分からないようなことなのかもしれません。しかし、確かに「神様からの合図」というものはあるように、私は思います。


皆様方のお参りをお待ち申し上げております。

















Posted by 九頭竜大社  at 08:19 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。