京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2015年04月27日

粉薬のようなお守り

以前にも本ブログで触れたことがあったかと存じますが、九頭竜大社には護符(ごふ)という独特のお守りがあります。


砂糖に寒梅粉(和菓子などによく用いられます)を混ぜ、ご神前で御念を込めています。
粉薬のようにいただくお守りなのです。(基本的には水などには混ぜずにそのままいただきます)
昭和30年より伝わる九頭竜大社独特の、伝統のお守りです!!





写真の通り、包み紙が六角形です。
はじめは五角形だったのです。しかしそれでは普通の粉薬と間違えてしまいますので、開祖大西正治朗が考えて、この六角形にいたしました。
九頭竜弁財天大神様の使いである巳(み)すなわち白蛇のうろこをかたどったとも伝えられます。


九頭竜大社にお参りの際は是非いただかれてください!心のなかで祈念を込めていただかれると、特にご利益があります!!





護符(ごふ)をいただかれた後の包み紙はお捨てにはならずに、社務所にある火鉢で焼いてください。(すっと焼けるようになっています)
ご自宅にお持ち帰りになっていただかれる場合は、灰皿などで焼いてください。(それが難しい方は、包み紙を捨てずにとっておいていただいて、九頭竜大社にお参りの際にお返しください)

http://www.kuzuryutaisha.or.jp/charm/index.html



Posted by 九頭竜大社  at 08:30 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。