京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2015年03月30日

今を充実した時に

「ものごとはいいようにいいように考えましょう」
「過去に起こったことはすべて、長い目で見れば自分にとって良いことだったんだと思うようにしましょう」
「今の境遇に感謝の気持ち、有り難いという気持ちを持つようにしましょう」


こういった考え方は、九頭竜大社の教えに通ずると思います。


このような心の持ち方をするには、今を充実して生きることが何より大切だと思います。
過去に起こってしまったことを変えることは出来ませんが、今を充実して生きることが出来れば、過去に起こったことの意味を変えることは出来るように思うのです。


もちろんこのような心持ちが出来るようになるには、長い年月がかかることもあろうかと存じます。
しかし、そんなことは出来ないとは思わずに、ゆっくりと時間をかけて『心の器づくり』をすすめていきましょう、というのが九頭竜大社の教えなのです。


自分らしく、今を充実して生きている人は、とても魅力的にみえます。


出会いと別れの季節、皆様、どうぞよい時をお過ごしください。



Posted by 九頭竜大社  at 08:49 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。