京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年10月20日

怒りを鎮めるためには

怒りを鎮めるためにはどうしたらいいのでしょうか?


もちろん「怒っている」ということは、何か理由があるに違いありません。おそらくは、至極真っ当な理由であることも多いと思います。それでも、理由はどうであれ、その「怒っている」という状態そのものがよくないと、私は思います。


怒っている雰囲気の人には近づきがたいものです。怒りで心が満たされていては、周りを思いやるような余裕もなくなってしまうのではないでしょうか。これでは人をはねつけてしまいます。自分にとっても、周りの人にとっても、いいことはないように思うのです。
また、怒りは平静な心を失わせてしまいます。平静な心を失ってしまっては、神様とも心が通じにくくなりますし、長い目で見て良いことをなすのが難しくなるのではないかと思うのです。


ですから、私は、理由はどうあれ、「怒っている」という状態はよくない、というように思うのです。


怒りの炎が燃え上がってしまった時には、出来るだけ早く鎮火しなければならないと思います。炎を消すには、消火器を放てばよいわけなのですが、怒りの炎をすぐに鎮火できる消火器が何なのか、私はまだ見つけることが出来ずにいます。

ただ、炎に油を注いだり、槇を放り込んだり、そんなバカなことだけはしないでおこうと思うのです。つまり、必要以上にその怒っていることがらや原因などを考えないようにしようと思うのです。少なくとも、プライベートな時間には、そんなことは考えないようにしたいものです。といっても、それが中々難しく、どうしても考えてしまうことが多いですので、出来るだけ全然違う他のことを考えようと努力しております。日常を離れた時間や趣味に夢中になる時間を持ち気分転換をすることは、やはり大切なことであると思うのです。


今回もご覧くださり有難うございました。







Posted by 九頭竜大社  at 08:47 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。