京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年09月15日

才能のあるなし

「才能のあるなし」は、なかなか触れるのが難しいテーマです。
ただ、「才能のあるなし」は紛れもなく存在しますし、自分の才能のなさを嘆き、苦しまれている方々はとても多いように思います。
たくさんの習い事をしたけれどもなかなかモノにならなかった、そういう思いをされている方々も多いのではないでしょうか。


自分がかなり努力しても出来ないことを、才能がある人はすいすいとやってのけてしまう、そんなこともあるように思います。
自分自身があまり関心のない分野でのことならばあまり悔しさもないでしょうが、熱心に取り組んでいることでそのようなことが起きれば、内心穏やかではないように思います。
また、自分自身はあまり気にしないでおこうと思っていても、周囲の人や身近な人がやいやいと気になることを言ってくる、それで心を乱してしまう、そんなこともよくあるのではないでしょうか。


では、どのように考えればよいのか?どうすれば心穏やかでいられるのか?
正直、これはよく分からないです。このような時に面白くない感情になることは、ごく自然なことではないかとさえ思います。
このような思いをすることは長い目で見て自身の成長につながることもあるかと思いますし、自分らしく生きていくための何か大切な気づきにつながるのではないかとも思います。


ただ、九頭竜大社の祭典で奏上する「天地清浄の祝詞」の中に、次のような一節がございます。

『意(こころ)に諸々の不浄を思ひて、心に種種(くさぐさ)の不浄を想(おも)はず』

日常のなかで面白くない思いをすることがあっても、決して心の奥深くまで毒されてしまうことがあってはなりませんよ。いつまでも気にとどめず、さらさらと受け流していかなければなりませんよ、とこの一節を理解したいと思います。


私たちは、無数の御縁によっていただいたこの人生を、自分らしく生きていくことによってしか、幸せにはなれないのではないかと思うのです。
様々に紆余曲折があったとしても、自分自身を受け入れ、自分らしく生きることが幸せにつながるのではないでしょうか。


九頭竜弁財天大神様は、人生を幸いにお導きくださる慈悲の女神様です。自分自身を受け入れ、自分らしく生きていくには、厳しい過程を経なければならないことも多いと思いますが、九頭竜弁財天大神様は、必ずや良い方向、幸いな方向に人生をお導きくださいます。


お参りをお待ち申し上げております。


今回もご覧くださりありがとうございました。






















Posted by 九頭竜大社  at 08:49 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。