京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年08月11日

すべて意味がある

過去におこったことにはすべて意味があります。
神様は、人生の出来事を通して、何かに気づかせようとなさるのです。


ですから、過去におこったつらい出来事を、ただ「つらい」とだけ捉えるのではなく、そこにはどのような意味があったのだろうか、神様はどのようなことに気づかせようとなさっているのか、真剣に考える必要があるのではないかと思うのです。そして必ず、その意味に気づかなければなりません。


何か物事がうまく運ばない、悩みごとばかりが多い、このような時はたいがい、2つのことが考えられます。


1つめは、「感謝」の心を欠いてしまっている、2つ目は、「自然」に逆らっているのです。


「感謝」の心についてはとてもわかりやすいです。
悩んでおられる方は、この「感謝」の心が足りない状態でいらっしゃることが多いように思います。
そんな考えが周りに通るわけがない、そのようなことで不平不満を作り出し、イライラして悩んでおられることもございます。
開祖は、この「感謝」の心をもっとも大切に考えていたと申し上げても過言ではありません。
悩みが多い、うまくいかない、そのようにお感じのときは、この「感謝」の心を欠いていないか、真剣にお考えになる必要があるのではないかと思います。
私自身過去を振り返って、上手くいかなかった、悩みが多くで仕方がなかった、そんなときはいつも、「感謝」の心を欠いてしまっていたように思えてなりません。


2つめの「自然」に逆らうということ。つまり自分にとって不自然なことをしても、うまくいかないのです。
たとえば、今はさほど運気が高い状態にはないのに、新規のことにどんどん手を出してゆく、これは「不自然」なことです。
ここは頑張らなければならない、踏ん張りどころだ、そんなときに、平常時と同じような動きをしている、あるいは逃げ出してしまう、これは「不自然」です。今は少し休むべきときに無理をして頑張っている、これは「不自然」です。自分自身には向いていないことなのに、いつまでもそのことにこだわり続けてガリガリと頑張り続けている、そしてそれほど成果があがっているようでもない、これは「不自然」です。
このような「自然」に逆らうようなことをしても、上手くいかないのです。
私自身、過去に上手くいかなかったり、体調をくずしたり、そんなときは、必ず、「自然」に逆らった、「不自然」な生き方をしておりました。



開祖大西正治朗は、九頭竜大社の教えの基本を、「感謝」「自然に帰れ」と示しております。



また、本ブログを通し、様々に綴らせていただきたく考えております。



今回もご覧くださりありがとうございました。









Posted by 九頭竜大社  at 08:46 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。