京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年06月16日

本殿の中でお祓いを

九頭竜大社では一年を通しさまざまなご祈願を承ります。


ご祈願のなかに「お祓い」がございます。
九頭竜大社の「お祓い」では本殿の中にお進みいただきます。神職がお浄めをしたのち、ご祈願の祝詞をあげ祭典を執り行います。祭典のなかでは、玉串の榊をお供えしお参りいただく正式なかたちの拝礼、玉串拝礼(たまぐしはいれい)もしていただきます。


本殿の中に入りご祈願をお受けになることはやはり特別なことであると思います。
八方塞がりの歳や厄歳、節目のとき、ここぞという転機のときには是非「お祓い」をお受けになることをお勧めいたします。
実際、本殿の中のような特別に聖なる場所で「お祓い」をお受けいただくと、心が神様に通じ、人生がよい方向に向かってゆくことがとても多いです。


「お祓い」を受けたあとに人生がよい方向に向かうようになったという話は本当によく伺います。
とてもよいひらめきを得ることが出来るようになったという話がございます。
また、仕事の転機のときに「お祓い」を受けたがどうにも「やろう」という気持ちが湧いてこなかった、そこで我慢して足元を見つめて慎重に進めてゆくと思わぬことに気づかされ、その結果よい方向に向かうことが出来た、という話もございます。


様々なケースがあろうかと存じますが、時には本殿の中のような特別な場所で聖なるときを過ごされることにより、よい心の持ち方が出来るのではないかと思います。よい心の持ち方をしていれば九頭竜弁財天大神様とも心が通じやすくなり、人生をより幸いにお導きいただけるようになるのではないかと思います。


九頭竜大社で行われる「お祓い」について触れさせていただきました。
今回もご覧くださりありがとうございました。

九頭竜大社のお祓いについては公式ホームページでもご紹介していますので、ご興味のある方はご覧ください。



Posted by 九頭竜大社  at 08:55 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。