京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年04月07日

さらさらと受け流す

生きていれば当然のことですが、さまざまにいやなことを見聞きしなければならないことがございます。


しかし、そのようなときに、本気で腹を立ててしまったり、気持ちをくさらせてしまったりしても、自分自身の調子、運気を下げてしまうだけで、いいことはないのではないかと思います。『心の器づくり』もなかなかすすんでゆかないのではないかと思います。


九頭竜大社の祭典にて奏上される「天地清浄の祝詞」の一節に次のようにございます。

「目に諸々の不浄を見て心に種々の不浄を観ず 耳に諸々の不浄を聞きて心に種々の不浄を聴かず」

いやなことを見聞きしても、心まで毒されてしまうことなく、さらさらと受け流していきましょう、そして、一歩一歩『心の器づくり』をすすめていきましょう、と、このようにこの一節を理解いたしたく存じます。


九頭竜大社の教えの中には、何か特別な修行をするという類のものはございません。(基本的なお参りの作法などはございます)
九頭竜大社の教えでは、日常生活のなかで、いかに『心の器づくり』をすすめてゆくかということを大切に考えております。日常のなかで、如何に心を乱さずに、落ち着いて、前向きに『心の器づくり』をすすめてゆくことが出来るか、そういうことが問われているのではないかと思います。


九頭竜大社の教えはさまざまに表現が出来ます。
今回は、世の中でいやなことやネガティブなことを見聞きしても、そのことで自分の心まで毒されてしまうことなく、さらさらと受け流していきましょう、という教えに触れさせていただきました。


今回もご覧くださりまことにありがとうございました。










Posted by 九頭竜大社  at 08:49 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。