京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年03月13日

願いが叶ったら

九頭竜大社は、熱心にお祈りされる方々が多く訪れるお社です。
悩みから救ってください、願いを叶えてくださいと、それはそれは熱心にお祈りをなさいます。


九頭竜弁財天大神様は、慈悲の女神様でいらっしゃいますから、本当に苦しいときには、災いごとを取り除き、幸いにお導きくださるのです。


このように悩みから抜け出してゆくことができた、願いが叶ったということはとてもよろこばしいことです。ただ、その後がとても大切なのではないかと思うのです。


悩みから抜け出してゆくことができたあと、強い願いごとが叶ったあと、あまりお参りに来られなくなる方もおいでになります。また、「あと、このようになれば最高なのに」と、されに強く別のことを願われる方もおいでになります。時には、「こんなに一生懸命お参りしているのに願いが叶わない」と愚痴をこぼされる方もおいでになります。以前とても苦しかったときに、九頭竜弁財天大神様がお救いくださったことはもうお忘れになってしまわれたのかなと感じてしまうときもあります。


自戒を込めて申し上げるのですが、やはり、このような神様に対する心がけでは駄目だと思うのです。


神様からお蔭をいただいたあとには、「感謝の心」をささげなければならないのではないかと思います。これは、当然といえば当然なのですが、神様は「あなた、その態度はおかしいでしょう?」などとはおっしゃらないですから、私たちは忘れがちになってしまいます。この「感謝の心」こそが『心の器づくり』にとって最も重要なことなのです。


九頭竜大社では、日常のなかでも「感謝の心」をもって生活し、ゆっくりと『心の器づくり』をすすめてゆくことを大切にしています。実際にはさまざまなことがおこる日常生活のなかで「感謝の心」をもって生活することはとても難しいことです。だからこそ長い時間をかけて、それこそ生涯『心の器づくり』をすすめてゆくのです。まして、日常をはなれた神様の前で、しかもお蔭をいただいたあとで「感謝の心」を持つことができなければ、『心の器づくり』はおぼつかないものになってしまうのではないかと思います。


自戒の念も込めて綴らせていただきました。


今回もご覧くださりありがとうございました。









Posted by 九頭竜大社  at 10:49 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。