京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年02月19日

葛西選手のメダル獲得に思う

連日ソチ冬季五輪の情報で盛り上がっております。


中でもスキージャンプの葛西紀明選手のメダル獲得には心打たれるものがありました。
何度映像を見ても涙があふれ出て参ります。
それほどつよく感動いたしました。


連日報道されていることですが、葛西選手は、16年前の長野冬季五輪のスキージャンプ団体日本チームの金メダルメンバーにはいることができませんでした。葛西選手は当時も有名な選手でしたのでよく記憶しております。歓喜に沸く日本チームを見ながら「葛西選手はつらいだろうな」と思ったものです。


その後も葛西選手を注目しておりましたが、五輪でなかなかよい結果が出ず、「つらいだろうな。この選手は五輪では駄目な運命なのかな。」などと思いながら見ていたものです。


その葛西選手が長野五輪から16年のときを経て、個人ラージヒル銀メダル、団体銅メダルを獲得しました。葛西選手はご自身のブログの中でこのメダルは「重い」と何度もつづっておられますが、つきなみな表現かもしれませんが、このメダルは本当に金メダル以上のメダルだったように思います。


葛西選手はW杯を転戦する欧州では殊に尊敬され「レジェンド」とよばれているそうです。16年前の長野での何ともいえない悔しい思いがなければおそらくここまで競技を続けることはできなかったのではないかと思いますし、今回の五輪でこれほどまでに多くの人々の心を打つ結果を出すこともなかったと思います。


メダルを獲得した葛西選手の表情は本当にすがすがしいものでした。16年前とは比べものにならないくらい人間的にも大きくなっていかれたのだと思います。


今回葛西選手のことについてふれさせていただいたのは、九頭竜大社の信仰『心の器づくり』にも通じるものがあると思ったからです。


九頭竜弁財天大神様を長年信仰なさっておられる方々が実感なさっていることですが、大神様は私たち一人一人に応じて実に巧みに人生を幸いにお導きくださいます。ときにはお願いごとが自分の思い通りには叶わないこともあります。なぜ自分だけがと、とてもつらい思いをすることもございます。しかし、5年、10年してから、「ああ、神様は私の性格を知り通して、私がくじけず頑張れるように導いていてくださったのだ。ああ、あのときはあのことに気付かせようとなさっていたのだ」と気づかされるのです。


『心の器づくり』は時間がかかります。「心の器」はさまざまなことを経験して少しずつ大きくなっていくものなのです。





Posted by 九頭竜大社  at 14:02 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。