京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2015年10月26日

お願いしていいのです


よくあるご質問
「九頭竜弁財天大神様にはお願いをしていいのですか?」

お答えいたします。
お願いしてもいいのです。



ご祭神様の御神徳や美しさに触れ、ただただ有り難いと頭を垂れる、基本的には細々とした個人のお願いごとはしない、そのような感じのお社も多々ございますし、私はそれはそれで素晴らしいことだと思います。

ただ、九頭竜大社においては、自分自身の今の悩み苦しみ・願いを素直に神様にお祈りしてよい、神様にすがってよいのです。
九頭竜弁財天大神様は、「千人万人無限に人を救う」との悲願をもって御発祥された慈悲の女神様です。
「人の願いを叶える。人を幸いな方向に守り導く。人を救う」との願いをもたれた慈悲の女神様なのです。
ですから、九頭竜弁財天大神様におすがりし、お願いをしていいのです。



九頭竜弁財天大神様の奇蹟のお力により願いを叶えてくださる、九頭竜大社では実際、そんなことが本当によくあります。

一方、自分の思っていたようには願いが叶わないこともあります。しかし時が経ってから、「ああ、あの時神様は護っていてくださっていたんだ・・・幸いな方向にお導きくださっていたんだ・・・」と心の底から気づかされる、九頭竜大社はこのようなお社でもあるのです。九頭竜弁財天大神様は、人智を超えたお力で絶妙に人生を幸いにお導きくださるのです。

ですから九頭竜弁財天大神様を信仰するにおいて「焦らない」「気は長く持つ」「長い目でみる」という心がけも、とても大切だと私は思います。



自分勝手な、自分がいい恰好をしたいだけのようなお願いは避けるべきだと思います。

苦しいときは九頭竜弁財天大神様におすがりください。素直な気持ちで神様にお祈りしてください。
悩み・苦しみのなかから、神様はよい方向にお導きくださいます。

そして、心が落ち着かれましたら、自他ともに幸せになるような願い、神様に感謝を捧げる祈りをなさってください。九頭竜弁財天大神様に心が通じ、ますます幸いにお導きいただけるものと存じます。



  


Posted by 九頭竜大社  at 08:36Comments(0)