京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2015年08月30日

ある若い方のご相談


ある若い方からこのようなご相談を受けました。



「私は数人で会社を経営しています。
結構目にかけていて何年も一緒に仕事をしてきた職員さんがいます。

先日その職員さんが、ちょっと自分としては考えられないようなミスをしたんです。

こんな意識でしか仕事をしてくれていなかったのか・・・ ここ何年もこんな風に考えて仕事をしていたのかな・・・

本当にがっかりしたんです。

すみませんでした、これからは改めて頑張ります、という風に言ってきてくれればこちらとしてもとても嬉しいのですがそんなこともない・・・

注意をしたら、もうそろそろ辞めたいというようなことも言い出して・・・

大切にしたい職員さんなんですがどうしたものなのか・・・ どうしたものでしょうかね・・・」



と、概ねこのような相談を受けている最中に、ご相談の方の携帯電話が鳴りました。
何と、今相談をされている職員の方からの電話とのこと。


「いま相談中だから後にしますよ」とご相談の先方さま。
「いやいや大切な職員さんなんでしょう。電話してあげてください」と私。


20分くらい電話でお話しされていました。

その電話で何らかの結論が出たということはなかったようですが、私は、一人の職員さんにこれほど思い入れることの出来る方は、本当に素晴らしい人物だと思いました。


このご相談の方は、今はなかなか結果が出にくい、すこし弱い運気の年回り。
いろいろとお話をうかがっていても、実際そのようでいらっしゃいました。
そんな時期に、本当に貴重な経験、学びをされているのだと感じました。

大変調子のよい、思うように結果が出るときには、案外大切なことを見落としてしまうことがありがちなのです。


この若いご相談の方には、
「きっと今回の件で、何か大切な学び、気づきを得られ、良い方向に向かっていかれるのではないか」
「九頭竜弁財天大神様は、長い目で見れば、必ずよい方向にお導きくださる」
大きくこの2点をお伝えいたしました。



九頭竜大社には、上記のような思い、悩みをもった方々も多くお参りされ、真剣な気持ちで九頭竜弁財天大神様にお祈りされています。



今回もご覧くださり有難うございました。




















  


Posted by 九頭竜大社  at 13:43Comments(0)