京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2015年04月27日

粉薬のようなお守り

以前にも本ブログで触れたことがあったかと存じますが、九頭竜大社には護符(ごふ)という独特のお守りがあります。


砂糖に寒梅粉(和菓子などによく用いられます)を混ぜ、ご神前で御念を込めています。
粉薬のようにいただくお守りなのです。(基本的には水などには混ぜずにそのままいただきます)
昭和30年より伝わる九頭竜大社独特の、伝統のお守りです!!





写真の通り、包み紙が六角形です。
はじめは五角形だったのです。しかしそれでは普通の粉薬と間違えてしまいますので、開祖大西正治朗が考えて、この六角形にいたしました。
九頭竜弁財天大神様の使いである巳(み)すなわち白蛇のうろこをかたどったとも伝えられます。


九頭竜大社にお参りの際は是非いただかれてください!心のなかで祈念を込めていただかれると、特にご利益があります!!





護符(ごふ)をいただかれた後の包み紙はお捨てにはならずに、社務所にある火鉢で焼いてください。(すっと焼けるようになっています)
ご自宅にお持ち帰りになっていただかれる場合は、灰皿などで焼いてください。(それが難しい方は、包み紙を捨てずにとっておいていただいて、九頭竜大社にお参りの際にお返しください)

http://www.kuzuryutaisha.or.jp/charm/index.html
  


Posted by 九頭竜大社  at 08:30Comments(0)

2015年04月22日

九頭竜大社のおみくじ


九頭竜大社のおみくじが独特なのを皆様ご存知ですか?






神様からのお言葉を一言でいただくのです。



このおみくじのお言葉は、九頭竜弁財天大神様から開祖大西正治朗に授けられ、全部で12番まであります。昭和30年から伝えられています。



その時のお願いごとや心の持ち方に対し、神様から一言、お言葉をいただくのです。
本当によく言い当てられますのでびっくりしますよ!!

http://www.kuzuryutaisha.or.jp/about/omikuji.html


  


Posted by 九頭竜大社  at 10:46Comments(0)

2015年04月20日

なぜ9回まわる?

九頭竜大社は、本殿を時計回りに9回まわるお千度が有名です。他のお社にはない独特の作法です。
まずお千度棒を9本取り、本殿を1周まわるごとに1本ずつ返してゆくのです。






いつから、どうしてこのような作法になったのか??


「いつから?」というのは比較的よく分かっています。
九頭竜大社御発祥ほどない昭和30年には9回まわるお千度が行われています。(神社には当時の写真ものこされています)
この作法が現在にまで伝えられているのです。


「どうして?」
こちらは本当に不思議な話なのですが、どうやら誰かが「はい、9回まわりましょう」と決めたわけではないようなのです。熱心にお参りされる方々が自然と本殿を9回まわって祈念を込めるようになってゆかれたようなのです。

ではなぜ9回なのか?
これは想像するしかありませんが、おそらくは、ご祭神名の「九頭竜弁財天大神様」にちなんだのか、「9」を大神様の無限の加護をあらわす数字と捉えたからとも考えられます。


つまり、九頭竜大社の9回まわるお千度は、御発祥ほどない昭和30年より、熱心にお参りされる方々により自然と始められたのです。
九頭竜大社では、多くの方々が大神様よりのお蔭をいただかれ、現在でも9回まわるお千度でお参りいただいている、これが事実なのです。


「9回まわるお千度」
所要時間は15分~20分程度です。
是非一度お参りになってみてください。とてもすがすがしい気持ちになれます。

九頭竜弁財天大神様は大変ご利益ある慈悲の女神様です。
何度かお千度をしていただければ必ずや実感いただけるものと存じます。


皆様方のお参りを心よりお待ち申し上げております。
初めてお参りになる方は職員がご案内申し上げますので、是非お声がけください。


http://www.kuzuryutaisha.or.jp/





  


Posted by 九頭竜大社  at 08:41Comments(0)

2015年04月13日

人間関係に悩んだときのお祈り




九頭竜大社には切実な願いをもってお参りになる方々が多いです。


御祈祷の受付をいたしておりましても、本当に人それぞれ、いろいろな悩みを持って神さまと向き合っておられることを実感いたします。
http://www.kuzuryutaisha.or.jp/pray/index.html


ご参拝の方々からよくお聞きする様々な悩みのなかでもよくあるのが人間関係の悩み。
思い通りにならないのがこの世の常ですが、この人間関係の悩みは実に厄介です。
仏教の教えに、この世の苦しみとして「怨憎会苦(おんぞうえく)」とあります。
嫌いな人、苦手な人、考えが合わない人、相性の悪い人と出会わなければならない苦しみです。


お互いの感情がもつれてしまうなど、この人間関係の悩みの渦中にいるときは本当に苦しいです。
この苦しい時に九頭竜弁財天大神様にすがられる方は多いです。


九頭竜弁財天大神様は、必ずやお願いをされる方にとってよい方向に、幸いなる方向に導いてくださいます。
一方、神さまは、お願いをされている方が嫌いだな、苦手だなと思っておられる相手の方にとっても良いように、絶妙にお導きになります。
千人万人無限に人を救う慈悲の女神でいらっしゃる九頭竜弁財天大神様なら、そのようにお導きになるに違いないのです。


人間関係に悩んでお参りになる場合、何とか今の状況から抜け出して良い方向に進めますようにと一心にお祈りいただければ、九頭竜弁財天大神様は幸いにお導きくださいます。
苦しい時に、嫌いな相手のことを「嫌だな」「苦手だな」と思わずにおくことは、かなり難しいことです。「嫌だな」と思ってしまうことがあっても仕方がないのではないかと思います。ただ、心のどこかで、神さまは、自分にとっても相手にとっても良い方向にお導きくださるんだと、そんな風に思ってお祈りいただきますと、物事はよりスムーズに、幸いな方向に進んでまいります。


皆様方のお参りを心よりお待ち申し上げております。











  


Posted by 九頭竜大社  at 08:42Comments(0)

2015年04月06日

切実な願い

九頭竜大社の近くの高野川沿いの桜が綺麗です。





新年度を迎える4月。
新しい時に向かうこの時期は、悩みも多く、切実な願いをもってお参りになる方々が特に多くいらっしゃいます。


御祈祷のお申込みを受け付けておりましても、本当にいろいろなお悩み、願いがあることを実感いたします。


九頭竜大社は、切実な願いをもって、真剣にお祈りされる方々が多いお社です。
九頭竜弁財天大神様は、人生を幸いにお導きくださる慈悲の女神様です。


是非お参りになり、お蔭をいただかれてください。
  


Posted by 九頭竜大社  at 07:37Comments(0)