京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2015年04月20日

なぜ9回まわる?

九頭竜大社は、本殿を時計回りに9回まわるお千度が有名です。他のお社にはない独特の作法です。
まずお千度棒を9本取り、本殿を1周まわるごとに1本ずつ返してゆくのです。






いつから、どうしてこのような作法になったのか??


「いつから?」というのは比較的よく分かっています。
九頭竜大社御発祥ほどない昭和30年には9回まわるお千度が行われています。(神社には当時の写真ものこされています)
この作法が現在にまで伝えられているのです。


「どうして?」
こちらは本当に不思議な話なのですが、どうやら誰かが「はい、9回まわりましょう」と決めたわけではないようなのです。熱心にお参りされる方々が自然と本殿を9回まわって祈念を込めるようになってゆかれたようなのです。

ではなぜ9回なのか?
これは想像するしかありませんが、おそらくは、ご祭神名の「九頭竜弁財天大神様」にちなんだのか、「9」を大神様の無限の加護をあらわす数字と捉えたからとも考えられます。


つまり、九頭竜大社の9回まわるお千度は、御発祥ほどない昭和30年より、熱心にお参りされる方々により自然と始められたのです。
九頭竜大社では、多くの方々が大神様よりのお蔭をいただかれ、現在でも9回まわるお千度でお参りいただいている、これが事実なのです。


「9回まわるお千度」
所要時間は15分~20分程度です。
是非一度お参りになってみてください。とてもすがすがしい気持ちになれます。

九頭竜弁財天大神様は大変ご利益ある慈悲の女神様です。
何度かお千度をしていただければ必ずや実感いただけるものと存じます。


皆様方のお参りを心よりお待ち申し上げております。
初めてお参りになる方は職員がご案内申し上げますので、是非お声がけください。


http://www.kuzuryutaisha.or.jp/





  


Posted by 九頭竜大社  at 08:41Comments(0)