京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年09月29日

神の導きを思う

例え話です。


大変指導熱心で部下思いの部長さんがいたとします。その部下に、完全に怠け癖、逃げ癖がついてしまっているどうしようもない社員がいたとします。暖かい心を持たれた、部下思いの部長さんであれば、「ああ、あんな社員はもう駄目だ。もういつ辞めてもいいや。放っておけ。」というような対応はなさらないのではないかと思うのです。
「何をやっているの!もっとしっかり仕事に取り組まなければ駄目じゃないか!」と注意をし、何とか気づいてほしい、いい方向に向かってほしいと、何度も何度も根気よく指導をなさるのではないでしょうか?


このような部長さんの部下に、何でも根を詰めて頑張りすぎてしまう、一生懸命になりすぎてしまう社員がいたとします。そのような部下に対しては、「そんなに無理をしなくてもいいんだよ。ちょっと肩の力を抜いたほうがいいよ。あんまり根を詰めすぎてしまうと、大事なことを見落としてしまうことにもなるよ。」と、時にはこんな風に声をかけることもあるのではないでしょうか?


神様は、はるか高い高い境地から人生をお導きくださるのですから、そのお心を私たち人間が測り知ることは不可能です。
上記は、あくまで例え話です。


勿論、神様が直接、「そんなことでは駄目だよ」とか、「今はそんなに無理をすることはないよ」とか、おっしゃるわけではありません。しかし、必ず、何らかの出来事を通して、何か大切なことに気づかせようとなさいます。私たちは、その神様のお導きに気づかなければならないのではないかと思います。


例え話のように、いくら部長さんがよくなるように、いい方向に向かうように指導をしてくださっていても、部下の社員が素直にならないで聞く耳をもたなければ、なかなか事態は好転しないように思います。


何かいつもと違う変化がおきたときには、少し立ち止まり、自身をチェックしてみられては如何でしょうか?
周りへの「感謝」の心を忘れていないかどうか。「自然」に逆らった無理な生き方、考え方をしていないかどうか。


九頭竜弁財天大神様は、人生を幸いにお導きくださる慈悲の女神様です。
長い目で見れば必ず良い方向にすすむようにお導きくださいます。


今回もご覧くださりありがとうございました。

















  


Posted by 九頭竜大社  at 08:32Comments(0)