京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年04月04日

目に見えない世界

新年度を迎えました。


人間の運勢は二月四日ごろの立春から大きく変化しますが、この四月も、新年度がスタートするとても大切な時になります。


希望に胸をふくらませておられる方、何か少しもやもやした気持ち、どこか悔しい気持ちを持っておられる方、特に何も感じないという方、人によって様々だと思いますが、やはり大事な節目。新しく前に進んでゆかなければならないと思います。


これから何か壁に当たったとき、人との関係に苦しんだとき、そのようなときこそ『心の器づくり』をすすめる絶好の機会になるはずだと思います。とにかく物事は前向きにとらえていきたいものです。あくまで若輩者の私の感覚に過ぎませんが、何か問題に直面しなかなか解決が出来ず悩んだときは、その問題とは直接関係のないことをきちんとすると、今の問題が少しずつよい方向にすすんでゆくものだと感じております。


たとえば自宅の玄関や便所の掃除をはじめてみる、意識して身の周りを整理してみる、夜寝る前には必ず「神様、本日も守りお導きくださいましてありがとうございました」とお祈りして休む、などなど。このような行いは、人が見ていないところで行うものです。しかし、このように人が見ていないところの行いをきちんとすると、不思議と直面していた問題もよい方向に向かってゆくのです。きっとこのような行いは、「目に見えない世界」「神様の世界」に通じ、そのような世界からの導きがいただけるのではないか、と感じております。


九頭竜大社で奉仕いたしておりますと特に、目に見えない神の世界が存在していることを日々実感いたします。


本年度も謙虚な気持ちを忘れずに日々一歩一歩『心の器づくり』すすめていきたく存じます。


今回もご覧くださりまことに有難うございました。





  


Posted by 九頭竜大社  at 09:35Comments(0)