京つう

  歴史・文化・祭り  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



2014年03月31日

神の導きとは

九頭竜弁財天大神様は、諸々の災いごとや厄を取り除き幸いにお導きくださる慈悲の女神様です。
今回は、神様が「幸いにお導きになる」ということについて綴らせていただきたく存じます。


人生にはつらいことがたくさんございます。
人間関係の軋轢で苦しんだとき。たとえば会社でどうにも相性の悪い上司のもとで働かなければならないとき。関係を悪化させてしまえば大変な苦しみとなりますし、悶々とした日々を送らなければならないようになるのではないかと思います。

このようなときに九頭竜弁財天大神様に「〇〇さんが大嫌いで〇〇さんがいたら充実した仕事が出来ないから、〇〇さんと離れられるようにしてください」とお願いしたとしましょう。果たしてその願いが叶ってゆくのか。私自身の経験では、このような感じで神様にお願いをして、お願いの通りにすぐに叶ったなどということは、ただの一度もございません。


苦しいときには心に余裕がなくなり、すぐにその苦しみから解放されたいと思う気持ちは、私にも痛いほどよく分かります。しかし、苦しみからすぐに解放されることが果たしてその人の幸せにつながるのかどうか。


先ほどの例のように、何か人間関係で問題が出てくるということは、目に見えない神様の世界からのサインだと思うのです。起こってしまった問題、出来事、苦しみを通して何かに気付かなければならないのではないかと思います。「自分の考え方、視点には何が欠けていたのか」「今後はどのような心の持ち方をすればよいのか」さまざまに考え、そこで何かをつかみ、自身の『心の器づくり』をしてゆかなければならないのではないかと思うのです。目の前の問題に向き合わず、苦しみを避けて逃げまわっても、『心の器づくり』は進まず、また同じような問題に直面しなければならないときがきます。


九頭竜弁財天大神様は、私たち人間には想像もできないような高い見地から、幸いな方向に守りお導きくださいます。厳しい、しかし本当にお優しい慈悲の女神様です。時には苦しいときにお願いをしてもすぐには叶わないときもあろうかと存じます。しかし、神様は必ず守り導いてくださっています。謙虚な気持ちで、焦らずに、一歩一歩「心の器」を大きくしてゆくと、本当に思いもかけなかった意外なところから道が開けてゆくものなのです。



今回もご覧いただきまことにありがとうございました。


  


Posted by 九頭竜大社  at 08:55Comments(0)